スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学の衣をまとった宗教:啓蒙説法師の系譜

科学の濫用】
高校では文系と理系に分かれることが当たり前のように行われる。そして、ときとして成績の悪い方が文系に回されることも多い。文系に理系コンプレックスがあることはしばし言及されることだ。さらに、大学に進むと、彼らが英語の論文を書くことは非常にまれなことであり、そのような国際的な土俵に立てない現実から西欧コンプレックスにもしばし陥り、西欧からの借り物の言葉で武装を始める。西欧に追いつけ追い越せの自然科学とは真逆であり卑屈な態度ともいえる。


「進歩的文化人」の中には「人文科学」や「社会科学」と名づけられた学問を学んでいるものも多い。それらの学問は自然科学とは異なり、証明が曖昧だったり不可能なものだ。それらに敢えて「科学」の名を僭称することで、逆に自然科学に対する劣等感が露呈ないし増幅される結果になっている。そこから、口先だけで生きている「人種」を生み出すことにもなる。


マルクス主義も自らを「科学的」社会主義と主張したが、戦後の進歩的文化人のコンプレックスを満足させるには十分な名札になった。日本共産党も自らを科学的であることを強く主張する。彼らもまた未だに劣等感が残っているようだ。あるいは無知蒙昧なる純真な庶民が科学に対して抱いている無防備な信頼を布教に利用する目的もあるのだろう。科学は水戸黄門の印籠ではない。


【科学と宗教の両立は可能か】
科学の衣をまとったカルト宗教の誕生
そのむかし、科学が誕生し文明が発達すると、啓蒙主義者たちが現れるようになった。啓蒙主義者は「科学的合理主義」を自称し、伝統や因習そして「既存の宗教」を非理性的なもの(蒙昧なもの)だとして排斥しだした。


文明は科学技術によるところも多い。それにもかかわらず、返す刀で、その「科学」的と自称する啓蒙主義者は、その理性の刀で文明を断罪した。その中でも、啓蒙主義者のルソーは、一種の理神論として「市民宗教」や「自然宗教」を唱えた。ルソーは文明が人を堕落し不幸にさせると考え、代わりに自然を崇拝していた。このルソーの「理神論」的な宗教が、やがて、フランス革命の恐怖政治の中で、「最高存在の祭典」として理性の女神を奉るまでになった。


あらゆる近代の矛盾を内包したままフランス革命は失敗に終わった。そこで、オーギュスト・コントは、この夢想家たちによる失敗したユートピアの試みに代わるものが必要だと考えた。社会は宗教の代わりに、「科学的」な学問が必要であり、そのための学問を「社会学」と証した。結局、コントはそれだけでは満足せずに、「人類教」なる宗教を立ち上げ、教祖になってしまっている。そして、ついにはマルクスが現れ、「善悪二元論」に基づいた階級闘争史観を打ちたて、そこから終末論的な救世主願望をマルクス主義という20世紀最大の宗教に転じさせた。


社会学的言説の詭弁と言論の責任について】
現在、進歩的文化人の役割を担うものとして社会学者があげられる。彼らは現代に現れた啓蒙主義者であり、現代文明の蒙を照らそうと躍起になっている。しかし、彼らの試みは、詭弁と屁理屈で劣情を煽り、公私の区別を欠いた問題にまで踏み込もうとしているものがいる。それは全体主義的な発想に直結する。例えば、性の問題は極めてプライベートなものだ。それを学問と称して、ジェンダーフリー教育なる過激な性教育を小学生に行いご満悦になっている。ゆとり教育を含むイギリス病の克服に日本が躍起になるのも無理はないことだ。残念ながら、教育基本法改正はジェンダーフリー思想に汚染されたものになった。


ブルセラ学者と揶揄される宮台真司は援助交際を自由の一形態云々と述べたが、単なる好色を「ニュー・スピーク」を使ってごまかす事もなかろう。彼らのガラス細工で出来た根拠不十分な言説は、オッカムの剃刀を使った後では何も残らないだろう。彼らは、思い込みや勝手な決め付けによる言説から、現実離れした議論をよく展開する。反証可能性は今では科学的であることを担保するための条件になっている。一切の批判を認めようとしない言説は机上の空論であり、仮説と呼ぶことすら憚るものだ。借り物の言葉を使った言葉遊びをやめて、地に足のついた言葉を語ろう。さもないと、丸山真男のように、いつか自分の言説に足をとられるときがくるだろう。


ジェンダーフリーに寄生する差別利権の問題】
ジェンダーを食い物にするフェミニスト
ジェンダーフリーは男女の性差をなくそうとする究極の平等思想に基づいた思想運動である。教条的フェミニストは男女差に関する医学的知見を平気で無視する。その医学的知見が極めて科学的な手続きを踏んでいるにもかかわらず、フェミニストは根拠薄弱な自説を振り回し科学的知見を闇に葬る。上野千鶴子を筆頭にフェミナチとも揶揄される連中は雌雄同体を模範としている。ルソーはチンパンジーを自然人としての人間の理想と信じていたが、ジェンダーフリーを信奉するフェミニストは人間をしてカタツムリやペインテッド・コンバーにしたいらしい。


トランスジェンダーの問題に関しては、学者風情が大上段に学問の俎上にのせて問題を弄ぶよりも、現場での医学的対応の方が必要とされている。弱者利権を主張するのは左翼の常套手段である。一見、弱者をかばうような言説を行いながらも、実際は、逆差別につながっていることが多々ある。今や、ジェンダーフリーも立派な利権の問題と化している。

theme : ジェンダーフリー
genre : 政治・経済

tag : 科学 イギリス病 ジェンダーフリー ゆとり教育 宗教 宮台真司 社会学 ルソー マルクス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんだかなぁ

酷く知能の低いトラックバックを貰った。いつもならきっちり引用して事細かに揚げ足を取るところだが、ここまで来るとそう云う気力も失せる(こんな輩とは議論もまっぴらだ)。とりあえず自分の使ってる言葉の意味はちゃんと考えた方がいい。あと自分の都合のいいように言葉

comment

Secret

簡単なまとめを(老婆心ながら)書いておきます。私の主旨は
 
例えば、具体的には 
 
オノ・ヨーコからのクリスマス・メッセージ
http://www.dreampower-jp.com/peace/xmas_messege.html
 
については「科学にはなりようもないものを科学として紹介している」という点では明らかに批判されて然るべきでしょう。
しかし、必ずしも『考えることを放棄するように勧めている』と読める文章でなく、そのような批判は当たらないと私は強く思います。ですから、そこまで踏み込んで批判しているかのような印象を与える書き方は避けた方がいい、という主旨です。
 
つまり、『水伝について肯定的に書いていれば(…略…)である』と断定的に主張したり、考えたりすべきではないのではなかろうか、と私は思う訳です。豊富なご経験に基づいて「水伝について肯定的に書いていれば、(…略…)である場合が多い」という確率的な推察を否定するのものではありませんが…。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1171275645#CID1172140829

------

>「ニセ科学」と呼ぶのは、文脈によっては「疑似科学」という言葉が褒め言葉になるからである。
>具体的にはSF小説やファンタジー小説の批評などで”よくできた疑似科学的説明”などという
>表現が使われる。「疑似」という言葉には価値判断が含まれないということであろう。「ニセ」と
>いう言葉は否定的な意味合いを強く含む

同じ非科学の中で、ニセ科学(真っ黒)と疑似科学(真っ白)の間には、
『グレーゾーン』が広がっている、ということも、もっと強調されていい
ように思っています

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1137495527#CID1172144165

ガラスのお城

コメントありがとうございます。グレーゾーンのことは仰るとおりで、伊勢田哲治さんの「疑似科学と科学の哲学」の著書の中でも取り上げられています。単純な線引きではなく、程度の問題なんですよね。伊勢田さんによれば、「はげ頭論法」だと(笑)。

その程度問題として、極端なものをどこまで許容するかは、社会や文化というものが指標になってくるのかもしれません。中国などは、コピー商品やイミテーションが氾濫し、フェイクが現実として機能しています。

グレーゾーンによる裾野が広ければ広いほど、文化や芸術を豊穣なものにできる。ただ、そのグレーゾーンの両極(あるいは境界線)として、線引きを行う学問としての強度は、どこまでも、高い信頼と、疑似科学を排除する態度が求められていると思います。とくに、原子力発電所などで、データの捏造が行われていましたが、その原因は追究していくべきでしょう。
基礎となる科学の土壌が、疑似科学や論文の捏造によって、その信頼が揺らげば、その上に立つのはガラスの城になると思います。
プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。