スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射平衡モデルの妥当性について

温室効果ガスの分光学」で書いたことをもう少し検討してみた。


吸収の飽和の問題

地表から5mまでの層において、CO2の大気組成を400ppmと仮定したときのCO2の代表的な赤外ピーク波長である15μmにおける光学密度は、ランベルト・ベールの法則を用いて見積もることが出来る(1気圧22.4Lと仮定)。


O.D. = 20.2 m^2/mol × (400× 10^-6) / (22.4×10^-3 m^3/mol) × 5 m = 1.8035


赤外吸収率は次式で求められる。


100 × (1 - 10^(-1.8035) )≒ 98.4%


地表5mでCO2のピーク波長の赤外吸収は、すでにほぼ飽和状態にある。全吸収帯を考えれば、100mの大気があれば十分な吸収率に達するだろう。


吸収率と光学的厚さの関係

CO2による吸収率がすでに100%に近いため、さらなるCO2の増加は吸収率のわずかな増加しかもたらさない。ここで、吸収率と光学的厚さ(光学密度)の関係を以下に示す(光学密度は濃度に比例。底は10とおく)。


吸収率(%) 光学的厚さ( ∝ 濃度)
90      1
99      2
99.9     3
99.99    4


吸収率 = 1-10^(-光学的厚さ)


すでに十分に吸収率が高い場合、そこからの濃度の増加に伴う急激な吸収率の増加を見込むことはほとんどできない。しかし、放射平衡モデルでは、この吸収率の微小変化によって鉛直大気の温度分布が決定される。


放射平衡モデルでは光学的厚さの関数として温度をあらわすと知ったときに、私はここに大きな違和感を感じた。吸収率の微小変化が果たして本当に温度に重大な影響を与えるのだろうかと(とくに金星大気など)。



再放射の妥当性

放射平衡モデルでは、光学的厚さ(光学密度)が大きいほど、つまり、赤外吸収率が限りなく100%に近づくほど、大気温度も上昇するとされている。しかし、吸収率が高い領域においては、当然、大気量(大気圧)も大きくなる。そのため、地表放射を吸収した分子は再放射ではなく、分子衝突により無放射緩和過程を経て失活する。


再放射は起こらず、分子の運動エネルギーに速やかに変換されるのだから、このような条件下において放射平衡がなりたつとは考えづらい。しかも、地球の大気の99%は放射を行うことのできない赤外不活性分子で構成されている。


金星大気が高温である理由として、温室効果ガスが多いためとの説明がしばし見受けられる。しかし、基本的には金星大気が90気圧以上もの高圧下にあるため、大気の断熱圧縮による昇温効果と膨大な大気量が熱浴として働き、高温状態が保たれているものと考えられる。そもそも金星大気のCO2の存在量は地球大気の何十万倍もあり、同列に比較することは出来ない。



放射は温度を代表できるか

放射平衡モデルではすべてのエネルギーをいったん放射に代表させて計算を行う。しかし、そもそも放射はエネルギーの主要な散逸過程ではないので、放射平衡を仮定した温度勾配の見積もり自体に妥当性はない。


放射平衡ではシュテファン・ボルツマンの法則を用いて温度を放射に換算して計算を行う。しかし、大気分子はほとんど放射を行わないので、放射平衡を用いて大気温度の鉛直分布を近似することはできない。


シュテファン・ボルツマン則が成り立つのは地表ぐらいなもので、後は雲などの液体がどう評価できるかといったところだろうか。固体や液体はさまざまな量子状態をとることができ、状態密度が高いために、放射体として近似できる場合があるが、大気(気体分子)を放射体として近似することはできない。


それではマクロな視点ならば、大気も黒体(灰色モデル)として近似することはできるだろうか。確かに、分子衝突などにより、ある一定の割合で励起状態は存在する。しかし、衝突励起によるものでも、緩和過程は無放射失活により行われていることにかわりない。放射をほとんど行わない大気に、放射平衡を当てはめるには相当の無理があるだろう。


大気(に含まれる赤外活性分子)は赤外放射の吸収体として働くが、放射体として機能することはない。自然放射の速度定数と分子衝突により生じる消光の速度定数との関係から、大気の放射過程が観測されるのは、はるか大気上層においてであり、それは放射冷却とも密接に関係している。励起状態の緩和過程を考慮しない放射伝達方程式は無効である。



なぜ海は青いのか

地表の七割を占めるとも言われている海洋だが、それはシュテファン・ボルツマン則であらわされるような単純なものであろうか。海はなぜ青いのか。これは分光学的に説明すると、青色以外の光が吸収されてしまっているためとされている。とくに、水分子の倍音振動による吸収帯が可視光の赤色領域にもあるため、残りの光が散乱や反射などを経て、人の目に青色の光が入射される。
海はなぜ青いのか
WHY IS WATER BLUE?, Charles L. Braun and Sergei N. Smirnov, J. Chem. Edu., 70(8), 612(1993)


網膜にあるロドプシン中にあるレチナールは光により電子励起すると、cis-trans異性化により構造変化を起こし、その変化にともなうタンパク質のひずみが脳へ信号として伝わるとされている。色の質感(クオリア)を脳が認識するメカニズムは脳科学のテーマともなっているようだ(クオリア・マニフェスト)。



黒体放射の誤謬

一般に、「すべての物体はその温度に応じて赤外線を放出している」としばし言われている。この原理を利用したのがサーモグラフィーや放射温度計などである。しかし、全ての物体が放射を行っているわけではない。


たとえば、赤外不活性分子であるヘリウム原子を極低温にすると、放射を観測することはできなくなるだろう。その代わり、ボース=アインシュタイン凝縮に基づき超流動とよばれる現象が起こるといわれいている。


電子のようなフェルミ粒子であっても、極低温下になるとクーパー対と呼ばれる状態になり、一種のボース粒子として扱うことができる。これを利用したのが超伝導である。代表的なボース粒子が光子である。このボース粒子とフェルミ粒子である電子(あるいは双極子モーメント)との相互作用を研究するのが光化学とも言えるだろう。



大気は放射平衡で近似できない

ジェームス・ハンセンはもともと金星大気の研究者であり(Pubs.GISS: Publications by James E. Hansen)、後に、アメリカ議会においてCO2の増加による地球温暖化が99%の確率で起きていると主張して一躍有名になった。そのときの証言に用いられたのが、温暖化のシミュレーションであった。


ハンセンが金星大気の研究を行った1960年代は、火星や金星などに向け探査機の打ち上げが始まった時期でもある。ハンセンは金星から放出されるマイクロ波を用いて地表温度を見積もり、金星が高温である理由をダストが大気の光学的厚さを増加させるためだと考えたようだ。彼はこれを「dust insulation model」と呼んでいる。しかし、高温である理由を光学的厚さのみに求める考え方は間違いである。放射平衡モデルの誤謬はこのころから蔓延していったのかもしれない。
The atmosphere and surface temperature of Venus: A dust insulation model., James E. Hansen et al., Astrophys. J., 150, 1139(1967)


温暖化のシミュレーションには、放射平衡という概念が欠かせずに出てくる。ハンセンも放射平衡を用いて金星大気の温度分布などのシミュレーションを行っていたようだ。しかし、ある程度、気圧が高くなると、エネルギーのやり取りは放射では行われなくなる。地表から放射される赤外線を吸収した分子は振動励起状態になる。


その励起状態の自然放射の寿命はミリ秒のオーダーであり、これよりも消光の速度定数が著しく大きければ、励起状態は放射を伴わずに失活し、その励起エネルギーは周囲の分子の運動エネルギーとして分配される。高圧大気下にあるほど再放射を行う確率は小さくなる。高圧下では分子衝突の頻度も大きくなる。つまり、消光の速度定数が著しく大きくなるのだ。90気圧以上もの高圧下にある金星大気ならば、なおさらのことだ。


観測技術の発展

温暖化研究の時代背景を時系列的に追うことで、当時の状況について考えてみたいと思う。大気温度のシミュレーションは1960年代ごろに始まり、CO2倍増シミュレーションなどもこのころに行われだした。1960年代といえば、調度アポロ計画が始まったころだ。レーザーが発明されたのも1960年代のことだ。


ニュートンは分光学の創始者でもあり、自分でレンズを磨き上げ、それを実験に用いたという。光学機器メーカーというと、日本では三鷹光器という大変に先駆的でユニークな会社がある。もう少し身近なところでいえば、パソコンに用いられるハードディスクのガラス基盤を作っているHOYAがある。


光の検出器にはカミオカンデで有名になった浜松ホトニクスがある。三鷹光器や浜松ホトニクスのような職人気質な会社がなかったら、小柴昌俊さんのノーベル物理学賞(2002年)につながることはなかっただろう。


科学の進歩は新しい装置の開発と密接にかかわっている。たとえば、タンパク質の構造解析のための質量分析法を可能にした田中耕一さんはノーベル化学賞(2002年)を受賞している。フェムト秒分光学を創始したエジプトのアハメッド・ズウェイルもノーベル化学賞(1999年)を受賞している。


光化学の理論分野では電子移動の理論でノーベル化学賞(1992年)を受賞したマーカスがいるが、それを平均自由行程過程と結びつけて拡張したのが日本の立矢正典である。電子移動の理論といってもきわめて単純なもので、ポテンシャルを放物線であらわすと、その始状態と終状態のポテンシャルの交点が活性化エネルギーとなる。そのため、状態間の自由エネルギー差が小さくなると、ある領域から活性化エネルギーが大きくなる。これを逆転領域と呼んでいる(酸化還元電位に基づいた旧来の電子移動の理論・リーム・ウェラー(Lehm-Weller)の式ではこれを説明できない)。


こんな単純な理論でも、光合成のメカニズムの解明などには欠かせないものになる。たとえば、マーカス理論には溶媒の重要性を示すパラメータに溶媒の再配向エネルギーなどがある。ちなみに、電気化学の分野では名著の部類に入る「電子移動の化学 - 電気化学入門」を記した電気化学・光化学の専門家に渡辺正さんがいる。渡辺さんは光合成の専門家でもあり、「これからの環境論」で温暖化論に対する疑問を呈している。分光学・光化学などの専門家でCO2温暖化説に疑問を呈す声は決して少なくない(分光学者たちの温暖化懐疑論)。


光合成に関しては、槌田敦さんのエントロピー的な見方からすれば、水分子の働き、とくに蒸散が重要な働きをすると言われているが、そのようなアプローチの研究は果たして行われているのだろうか。槌田さんの主張は、どれも本質を突いているため、何年後か、何十年後かには、誰かが手をつけることになるだろう。たとえば、大気汚染による温暖化は槌田さんがずっと前から指摘していたことだが、最近になってようやく、それを裏付ける研究が報告されてきている(水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性)。


ちなみに、サハラ砂漠では緑化が進行しているらしい(Africans go back to the land as plants reclaim the desert)。これは単純にCO2の増加と結びつけて解釈もできるが、水分の乏しい砂漠において水がどのように働いているのか、大変に気になることだ。


日本の光化学の重鎮といえば又賀昇がいる。又賀さんは「遷移金属を含まない有機化合物が強磁性体になりうることを予想」し、ノーベル賞候補にも度々なっている。非指数関数的に減衰する蛍光寿命から、細胞膜のモデルである脂質二分子膜ベシクルの表面がフラクタル次元であることを示した研究もある。又賀先生は、溶媒緩和によるストークス・シフトを定式化したLippert-Matagaの式など、理論分野での貢献は計り知れないものがある。溶媒和を含めた分子間相互作用は有機合成の分野でも重要だ。


いまでも化学反応の多くは溶媒中で行われるが、それは溶媒カゴ中における衝突頻度が気相中とは比べ物にならないほど高くなり、反応が起きやすくなるからだ。これを反応場の効果として扱うことが多い。溶媒を熱浴や拡散場とみなせばエントロピー的な評価も行うことができるのだろうか。まだ私にはエントロピーを用いた考え方が身についていないので、ミクロな現象におけるエントロピーをいまいち理解していないが、大局的なものの見方というものを身に付けたいものである。



複雑な分子間相互作用

大気のシミュレーションでは雲の挙動や水蒸気の取り扱いが難しいといわれている。これは当たり前のことで、水分子の挙動はもっとも複雑な分子間相互作用の一つでもあり、今もその解明が盛んに行われている。たとえば、水の挙動を理論的アプローチにより研究をしている日本人に平田文男さんがいる。本来なら、シミュレーションはこのような基礎研究においてこそ活躍すべきである。


観測や実験をないがしろにする温暖化の研究は、軟弱な基盤の上に立つ砂上の楼閣に等しい。日本では大学の独立行政法人化などの影響を受け、企業との共同研究は盛んになったが、その代わり基礎研究は急速に廃れている。応用研究ばかりに夢中になっていると、そのうち、日本の基礎研究はずたずたに破壊されるだろう。いまや基礎研究は大企業の研究室でしかできないとまで言われるような始末だ。



アレニウスの呪縛

哲学者のカール・ポパーは著書「開かれた社会とその敵」の第一部の副タイトルに「プラトンの呪文」と名づけている。古典には学ぶことも多いが、それを鵜呑みにする弊害もまた大きい。


科学の分野でも、古典ともされる人たちの研究を覆すような発表は躊躇したりする傾向にあるのではないだろうか。CO2による温暖化の研究の先駆者にアレニウスがいる。彼の論文は100年以上も前のものだ。


"On the Influence of Carbonic Acid in the Air upon the Temperature of the Ground",Svante Arrhenius, Philosophical Magazine and Journal of Science, 41, 237-276(1896)


ところで、タウンズによりレーザーの原理が提出されたとき、量子力学の大家であるボーアやフォン・ノイマンをして「それは不可能だ」とみなされたらしい(ガウスビームを閉じ込めるには?)。


ボーアやノイマンのような大天才であっても、初めて提出される理論を即座に咀嚼することは難しいようだ。「悪魔の頭脳」「火星人」とも称されたノイマンだが、気象学にコンピュータを持ち込んだ一人でもある。若い学者には過去の権威という悪魔退治を行う義務がある。科学の進歩は常に過去の偉人を乗り越えるところから出発する。道なき道を切り開いた先駆者には敬意を払うべきだが、その道を辿るだけでは何も発見することはできないだろう。



地球温暖化論に潜む歴史法則主義

ちなみに、ポパーの「開かれた社会とその敵」の第二部の副タイトルは「予言の大潮」である。ポパーが指摘した「歴史法則主義の貧困」は、いまや科学の分野でこそ蔓延している。


社会科学は趨勢を科学的な法則と見なす過ちを何度も犯してきた。社会実験の失敗は凄惨な人災となり人々に降りかかってくる。カール・ポパーはそれを「歴史法則主義の貧困」と呼び戒めている。一方、地球温暖化論は自然科学だから未来予測も可能かというと、ことはそう簡単ではない。


確かに、科学は目覚しい進歩を果たしたが、それでもまだ分かっていないことは山ほどある。マルクス主義や近代主義は、進歩主義というドグマにより大失敗を繰り返している。たとえ科学であっても、未来予測はあくまで慎重になされるべきなのは言うまでも無いことだ。進歩主義はいつも人間のおごりと隣りあわせだ。


カルト宗教になった地球温暖化論には、ポパー哲学による解毒が早急に必要ではなかろうか。残念ながら、ポパーの著作はどれも高額であり、一般の人が簡単に手を出せるようにはなっていない。良心的な出版社による文庫版を望みたいものだ。

theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

地球大気の熱収支について

■大変興味深く読ませていただきました。『温室効果ガスの分光学』と今回の論考を拝見して、疑問点を整理する必要性に迫られましたので、御協力いただきたいと思います。

■蝦夷縞掲示板における金星大気温度の議論の頃から少しづつ居心地の悪さ(笑)を感じておりました。

■標準的な宇宙空間―地球大気―地表における平均的熱収支では、概数として太陽常数の1/4を平均入射としてこれを100とした場合細かい数値は多少違うとは思いますが、太陽放射のうち地表への直達太陽放射=47程度、温室効果=大気から地表へ向かう赤外線放射=96程度、地表から大気への熱伝導+水蒸気蒸発潜熱=30程度、地表からの赤外線放射=113程度としているようです。

■ここでまず第一の条件として地表面の平均温度15℃を維持するためには、黒体輻射で近似するとして地球放射113程度を確保しなければならないことになります。

■『温室効果ガスの分光学』や今回の論考も含めて、地表放射113の大部分が地球の下層大気に吸収され、主に無放射過程で地球大気の運動エネルギーとして赤外不活性分子を含む大気全体に分配される所までは素直に(笑)理解しました。

■問題は、大気全体に分配された地球放射は、大気が放射体として機能しないとなると、冒頭で述べた標準的な熱収支における大気からの地表面に向かう赤外線放射はほとんど考えられないという主張と思われますが、この理解でよろしいでしょうか?

■この場合、地表温度15℃を維持するためには、大気から地表面に主に熱伝導でエネルギーが供給されるということになるのでしょうか?

■ここで疑問なのですが、地表面における全天放射強度の観測データ(これがどのような条件下かはよく知らないのですが)によりますと、夏場の南中時では1000w/㎡程度のようなのですが、大気圏外では1300w/㎡程度として半量程度が宇宙へ反射されるとすると、地表に到達する放射量が多すぎないでしょうか?これを理解するためには大気もある程度放射体となると考えざるを得ない気がするのですが・・・?

■まだ考えがまとまりませんが、とりあえず今回はこの辺まで、御意見をお聞かせください。

晴天下と平均値

>熱収支における大気からの地表面に向かう赤外線放射はほとんど考えられない
>地表温度15℃を維持するためには、大気から地表面に主に熱伝導でエネルギーが供給される


私はそのように思っています。ただ、まだ詳しいデータなどがないので正確な判断は出来ません。しかし、大気からの再放射の割合は伝導に比べて非常に小さいのではないかと、いまのところ考えています。


>地表面における全天放射強度の観測データ(これがどのような条件下かはよく知らないのですが)によりますと、夏場の南中時では1000w/㎡程度のようなのですが、大気圏外では1300w/㎡程度として半量程度が宇宙へ反射されるとすると、地表に到達する放射量が多すぎないでしょうか?


「地球のエネルギー収支」をwikipediaから参照してみます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%8F%8E%E6%94%AF


右上にある地球のエネルギー収支の図を見ますと、確かに地表に届く放射量は半分程度になっています。しかし、雲による反射が20%程度あり、晴天下ならば70%程度の放射量になるのではないかと思います。


また、右下にある図のエネルギー収支は全球面積あたりなので、太陽定数の四分の一が太陽放射の入射量となっています。ここで、地表に到達する168W/m2と雲によって反射される77W/m2を加算し、四倍すると980W/m2になります。


(168 + 77) * 4 = 980W/m2


まだ、私の考えも余り煮詰めていないので、参考になりそうな資料とかを集めてみたいと思います。私は大気からの放射はゼロとは考えていませんが、とくに晴天下において、それは非常に小さく、すくなくとも放射平衡や再放射の妥当性についてはかなり疑問に思っています。

大気と地表間の熱伝導

■早速御回答いただきまして、ありがとうございます。

>また、右下にある図のエネルギー収支は全球面積あたりなので、太陽定数の四分の一が太陽放射の入射量となっています。ここで、地表に到達する168W/m2と雲によって反射される77W/m2を加算し、四倍すると980W/m2になります。


(168 + 77) * 4 = 980W/m2


まだ、私の考えも余り煮詰めていないので、参考になりそうな資料とかを集めてみたいと思います。私は大気からの放射はゼロとは考えていませんが、とくに晴天下において、それは非常に小さく、すくなくとも放射平衡や再放射の妥当性についてはかなり疑問に思っています。
■そうですね、晴天日で雲による反射が無ければ妥当な数値ということですね。

■もう一点、疑問というか・・・。下層大気中の赤外活性気体が地表面からの放射のほぼ全てを吸収し、下層大気全体に熱としてエネルギーを速やかに分配した場合、対流圏大気の底の部分の温位が高くなり、マクロな大気の流れとして対流圏上方へ熱を運び上げることになりますが、地表面への熱伝導と大気上層への熱移送のバランスとして大気の熱収支をうまく説明できるのか、という全く何の理屈も無い不安があります(笑)。全く定量的な根拠も何も無いのですが(笑)、大気が巨視的に見て(ほとんど)放射体でないと仮定した場合、感覚的には大気上層に運ばれる熱の方が多くなりそうな気がしてしまうのですが・・・。

■地球大気の熱収支の概念図では、熱伝導は地表から大気方向を向いていますが、その理由は何なのでしょうか?灰色大気モデルの放射平衡から来ているのでしょうか、あるいは何らかの観測結果なのでしょうか?TheorySurgeryさんの論考では熱伝導は大気から地表へということになりますね。気体と固体との間の熱伝導(分子衝突)によるエネルギー交換速度とはどの程度なのでしょうか・・・?

■宇宙空間―大気―地表面の熱収支において、地表温度、地表からの蒸発量は直接的に観測可能(の様な気がします・・・笑)ではないかと思いますので、地球表面からの赤外線放射強度と蒸発潜熱についてはある程度正しいとしても良いように思います。残るは太陽からの直達放射量、大気からの赤外線放射量、大気~地表間の熱伝導の量的バランスだと思いますが、これに関する観測データが是非見てみたい気がします。

エネルギー収支の解釈について

「再放射」の意味について私なりに考えてみました。端的に言うと、それは「放射冷却」をどれだけ防ぐことができるかによって決まってくるという印象を受けました。


たとえば、昼夜の温度差は乾燥した砂漠で大きく、島国で小さい。これは水蒸気により放射冷却が抑えられているということと、海洋の比熱による熱浴の効果が考えられます。


冬の夜などはとくに雲が放射冷却を防いでいることは実感できることです。ここで砂漠に注目しますと、昼夜の温度差は大きく、多少の二酸化炭素が増えたぐらいで放射冷却を防ぐような効果があるとはあまり思えないのです。感覚的にですが、雲や海洋に比べて、二酸化炭素の効果はそれらよりも小さいような気がします。


地球のエネルギー収支についてですが、再度wikipediaの図を参照します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%8F%8E%E6%94%AF

右下の図の注釈を見ますと、こう書かれていました。「注3.図では、大気や地表がもともと持っているエネルギーを考慮しているため、再放射以降のエネルギーの移動量が本文より多くなっている。」


つまり、これは大気や地表(海洋?)に、もともと蓄えられていた値が加算してあるということを意味しており、熱浴としてストックされているエネルギーを「再放射」として表しているのかなと思いました。


あの図にある「地表放射」には、地表(海洋)に蓄えられていたエネルギーが加算してあり、大気からの「再放射」には大気に蓄えられているエネルギーが加算されており、さらに雲による放射が加算してあるといった感じなのだろうか。少なくとも、再放射の値は温室効果ガスだけで決まるものではない、ということだけは言えるのではないかと思います。

う~ん、よくわかりません

こんにちは、はれほれです。お二人の議論は難しくてよくわかりません。(笑)以下の部分ですが、
>熱収支における大気からの地表面に向かう赤外線放射はほとんど考えられない
>地表温度15℃を維持するためには、大気から地表面に主に熱伝導でエネルギーが供給される

「地表面」と「地表面付近の大気」がごちゃ混ぜになっているようです。
「地表面」は太陽放射を吸収するので基本的に大気より暖かいはずです。(水平移流は基本的に考えていない)

したがって、近藤さんのこの部分ですが、
>■地球大気の熱収支の概念図では、熱伝導は地表から大気方向を向いていますが、その理由は何なのでしょうか?灰色大気モデルの放射平衡から来ているのでしょうか、あるいは何らかの観測結果なのでしょうか?TheorySurgeryさんの論考では熱伝導は大気から地表へということになりますね。

TheorySurgeryさんのご説明は「上層の大気からより下層の大気への熱伝導」でこれは図中の矢印には表されていません。近藤さんの解釈では温度が低い方から高い方に伝わることになりませんか?
横からすみませんでした。

地球システムの熱収支

>TheorySurgeryさん

>つまり、これは大気や地表(海洋?)に、もともと蓄えられていた値が加算してあるということを意味しており、熱浴としてストックされているエネルギーを「再放射」として表しているのかなと思いました。


>あの図にある「地表放射」には、地表(海洋)に蓄えられていたエネルギーが加算してあり、大気からの「再放射」には大気に蓄えられているエネルギーが加算されており、さらに雲による放射が加算してあるといった感じなのだろうか。少なくとも、再放射の値は温室効果ガスだけで決まるものではない、ということだけは言えるのではないかと思います。

★私は、大気や地表(海洋)に『蓄えられている』熱というのは、地球の大気と地表システムにおいて平均的そこに存在する熱だとは思いますが、これはあくまでも、熱放射や伝導、対流などで絶えず移動している熱の定常状態を示すもの(あるいはある瞬間の熱の分布状態を示すもの)であり、静的に『蓄えられている』ものではないと考えます。それ故、『大気に蓄えられているエネルギーが加算されており、さらに雲による放射が加算してあるといった感じなのだろうか』というのはちょっと違い、大気や雲も絶えず熱が流入し、それと同じだけの熱が流出していると考えるべきものだと思います。

★私の疑問は、大気からの熱の移動がどのような形式で行われるのだろうか、という点です。TheorySurgeryさんの主張では、対流圏下層では大気から地表への熱の移動は主に熱伝導と読めますが、はたしてこれが可能かどうかが分からないところです。はれほれさんも言っているように、私も地表において大気よりも地表のほうが高温と『信じきって』いましたので(笑)、大気から地表への熱伝導で大気から地表へ熱が移動できるのだろうかと思ったわけです。ただ、前回も述べたとおり、何の理由も無い、単なる疑問の域を出ません(笑)。

★先入観を取り払えば、この際、本当に地表において大気のほうが必ず低温と言えるのかどうかこれも疑うべきかと思い直したわけです。灰色大気の放射平衡モデルによる温度分布のシミュレーションでは常に地表の方が高温となるとしていますが、はたしてこれが事実かどうかも疑うべきなのか、と考えたのが前回の書き込みの意図です。

>はれほれさん
★私の理解は、最初の書き込みに書いたとおりごく平均的な熱収支で理解してきました。再録しますと以下の通りです。
『■標準的な宇宙空間―地球大気―地表における平均的熱収支では、概数として太陽常数の1/4を平均入射としてこれを100とした場合細かい数値は多少違うとは思いますが、太陽放射のうち地表への直達太陽放射=47程度、温室効果=大気から地表へ向かう赤外線放射=96程度、地表から大気への熱伝導+水蒸気蒸発潜熱=30程度、地表からの赤外線放射=113程度としているようです。』

★蝦夷縞掲示板でも議論したように、私は、地球放射は大気下層において水蒸気と二酸化炭素を中心とする温室効果ガスがこれを吸収し、これが赤外不活性気体を含む下層大気全体に主に分子衝突で運動エネルギーとして分配され、下層大気を暖め、大気は大気温度に応じた巨視的な大気として赤外線放射を行い、その内地表方向に到達するものをいわゆる『温室効果』と考えていました。

★ところが、TheorySurgeryさんの論考では対流圏下層では、大気からの赤外線放射はほとんど起こりえないという主張に読めましたので、仮にそうだとすれば大気から地表へ熱伝導で熱が移動するということになるので、はれほれさんの引用した部分となりました。
>したがって、近藤さんのこの部分ですが、
>■地球大気の熱収支の概念図では、熱伝導は地表から大気方向を向いていますが、その理由は何なのでしょうか?灰色大気モデルの放射平衡から来ているのでしょうか、あるいは何らかの観測結果なのでしょうか?TheorySurgeryさんの論考では熱伝導は大気から地表へということになりますね。

>TheorySurgeryさんのご説明は「上層の大気からより下層の大気への熱伝導」でこれは図中の矢印には表されていません。近藤さんの解釈では温度が低い方から高い方に伝わることになりませんか?
横からすみませんでした。
★ですから多分私とはれほれさんの疑問は同じなのではないかと推察します。はれほれさんは暗黙の了解として地表のほうが高温としていますが、私はとりあえずこれも疑ってみるべきかもしれないと考えた次第です。

再放射の可能性について

返事は、新しいエントリーにて行いました。よろしくお願いします。
http://feliscatus.blog77.fc2.com/blog-entry-59.html
プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。