スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一次情報の読み方と誤読例

こちら」でmayさんからコメントをもらいましたが、また安井氏の間違いを指摘することになったのでエントリーにします。


安井至氏がIPCCの一次情報を吟味していることは分かりました(第4次IPCCレポート 02.04.2007)。ただ間違いやかなり憶測に基づく発言も散見されました。すこしだけ指摘しておきます。まずは海面上昇速度を引用した表です。


海面上昇速度への要素別影響 mm/年
       1961-2003  1993-2003
熱膨張       0.042*   0.16*
山岳氷河雪冠   0.050*   0.077*
グリーンランド   0.050    0.21
南極         0.14      0.21
以上の総合    0.11*    0.28*
観測値        0.18*    0.31*



*印をつけた部分は全て実際の値よりも一桁小さくなっています。実際の表の値を以下に示します(IPCC 第4次評価報告書第1作業部会報告書 政策決定者向け要約)。
(表の注釈:1993年以前のデータは潮位計、1993年以降は衛星高度計の観測による)

海面上昇速度への要素別影響 mm/年
       1961-2003  1993-2003
熱膨張       0.42    1.6
山岳氷河雪冠   0.50    0.77
グリーンランド   0.05    0.21
南極        0.14    0.21
以上の総合    1.1     2.8
観測値        1.8    3.1



安井氏は海面上昇の主要因である「熱膨張」による寄与をまったく無視しています。この表のもっとも言いたいことは、熱膨張による寄与が大きいということと、1993-2003年の変化が1961-2003年に比べて著しい上昇率を示しているということです。一次情報に触れても正しく読解しなければ、まったく誤ったメッセージを発信することになると思います。残りは、おそらく安井氏が憶測を行ったためにミスリードした部分と思われる部分を指摘しておきます。


B君:毎度言うように、1800年ごろから、地球の温度は上昇し続けている。もっとも、IPCCが使っている地球温度の変化(Mannによるもの)だと、1850年からしかデータが無いので、余り明確ではないのだが。しかし、気温の上昇に遅れておきる海面上昇のデータを見ても、そんな状況だと思われる。



IPCCの第四次報告書のSPMには、Mannによる所謂ホッケースティックの図は用いられていません。SPMで用いられている図は氷床コアから見積もった二酸化炭素濃度の一万年単位の長期間変化です。


Mannによるホッケースティックの図を持ち出して議論することはできません。ホッケースティック論争の結果、マンによる図は事実上棄却されています。Mannによるデータは1850年からというものではなく、過去1000年にわたる気温変化を示した図です。しかも、それはマッキンタイアのデータを無断盗用し改竄されたものです。


A君:その図が、報告書中のfigure SPM-4なのですが、よくよく見ると、結構怖いことが分かるのです。もしも、人為的な影響を含めない自然起源の温度変化だけを算出してみると、1950年ごろから、地球の温度は下がりつつある。すなわち、多分、太陽活動は落ちつつある。しかし、現実には、人為的な影響が非常に大きいもので、気温が上昇している。



太陽活動が落ちつつあるという発言は事実に反しています。私もモデルの詳しい事情は知りませんが、太陽放射の値が前回よりも小さい値が採用されたことは事実です。これは太陽の活動の変化ではなく、IPCCが採用した値が変化したということです。


C先生:1800年以前の温度となると、世界中に温度計が有ったわけでもないので、様々な花粉の化石などの解析によるもの。不確実性が高いとことで、IPCCは使わないのだろう。しかし、歴史的記述によっても、1600年頃も低温期で、1800年頃も低温期だったようだ。


A君:要するに、このところの温度上昇は、もしも地球が温度上昇側に振れたとたんに、もっとすごい上昇速度になるということを意味する。



現在がマウンダー極小期と同じように太陽活動の極小期という観測事実はないと思います。むしろいくつかの観測によると太陽が活発化しているとさえ言われています。


2006年3月7日(読売新聞):2007年後半から08年初めに活発化と予測

2006年12月13日: 巨大フレア発生

現在の太陽の磁場は100年前の約2倍以上

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太陽活動のせいで温暖化しているんだじょ!!という神話

疑似科学の行方を追及するブログ。安井室先生はたまに間違えもあるけど、太陽活動が落ちつつあることまで反論しちゃっているのはまずい。観測事実を無視しており、憶測によってミスリードしてしまったのではないでしょうか。それともこれから私が書くようなことも十分認識..

comment

Secret

安井氏について

TheorySurgery氏は、全体として、安井至氏、また安井至氏が主催するHPを、どのように評価されているのでしょうか。私は最近環境問題に興味を持ち、安井氏のHPを重宝していたのですが、専門的な知識も、正規の教育を受けた経験もないので、環境問題にまつわる議論に対し客観性をもつ事ができません。TheorySurgery氏の意見を聞かせてください。

安井氏のサイトはマイナスイオンの糾弾にいち早く取り組んだり、環境問題に対する科学的センスの重要性を一般に知らしめた点で評価できると思います。一方で、ときたま彼の間違いに気づかずに、それをそのまま鵜呑みにして主張する人も少なからず見受けられます。


それぞれの人の価値観がありますし人間誰にでも間違いがあるので、何事も鵜呑みにせず自分で判断し留保するだけの余裕があればいいのではないでしょうか。


自分で疑問に思うことがあれば、その疑問の種を大切にすることです。それは素人だからこそ、気づくこともあると思います。私も環境問題について正規の教育を受けておりませんが、疑問に思うようなことはいくらでも見つかると思います。


普段の生活の中にも考えるきっかけはたくさんあると思います。たとえば、テレビではエコ製品や省エネ製品に買い換えましょうなどといったキャンペーンをよくやっていると思います。電気屋もいつからか修理した方が高くつきますよとか平気で言うようになりました。しかし、モデルチェンジを頻繁に繰り返し、古いモデルの交換部品がないという理由で新製品に次々と買い換えさせることは、結果的に大量消費を著しく加速させることにつながっていると思います。いつからか、ものを大事にしない文化が日本には定着してしまいしたね。

太陽活動による間接効果

トラックバックありがとうございます。
太陽放射の放射強制力の値が変わった(下がった)のは観測事実ではなく、IPCCの採用する値(論文)が変わったためです。AR4のTable 2.10.を見ると、マウンダー極小期から現在の11年周期の極小期に至るまでの太陽放射における放射強制力の長期変動の値は、0~0.68W/m^2と見積もりに大きくばらつきがあることが分かります。
http://ipcc-wg1.ucar.edu/wg1/Report/AR4WG1_Pub_Ch02.pdf


AR4では、Y. Wang et al. (2005)による「白斑シミュレーション」による値を用いたということです。現在の太陽活動がマウンダー極小期のように不活発になったわけではありません。その証拠に前回、TARで用いられたLean (2000)による値が、AR4では太陽放射の上限値として採用されています。その一方で、Y. Wang et al. (2005)は、紫外領域における変動が多いことも認めています。以下に一部示します。
0.43% at 200 to 300 nm
0.1% at 315 to 400 nm
0.05% at 400 to 700 nm


Y. Wang がシミュレーションに用いた白斑あるいは太陽黒点は太陽活動の指標のひとつではありますが、太陽活動を太陽黒点のみを指標として用いて評価することはできないと思います。Y. Wang のシミュレーションによっても示されているとおり、太陽の可視領域の変動は非常に小さいことがわかります。マウンダー極小期の小氷期を過小評価することになった要因はこの直接的な太陽の放射強制力を小さく見積もったことと、太陽放射の間接効果を認めるには至らなかったために起きたのだと思います。


一例として、UdelhofenやShindellらの論文などを見れば分かりますが、太陽の紫外線に誘起された成層圏オゾンの昇温などによる変化が対流圏に少なからぬ影響を与えているのではないかという報告もあります。IPCCではそれらを放射強制力として認める段階には至っておりません。


オゾンの影響だけでなく、磁場や紫外線などを含めた太陽活動が気候に与える間接的な効果に対する研究は現在進行形で行われていることだと思います。太陽活動や温室効果ガスを含めまだ研究途上のものに、断定できる事柄などまだほとんどないと言ってもいいと思います。とくに観測事実を除いては、まだまだ信頼性に難がある状態だと思います。

非常にわかりやすい解説ありがとうございます。この記事のトラックバックの内容は後日私のブログで反映させていただきたいと思います。
プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。