スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセンサス主義に潜む異端排斥運動

嘘も方便、やがては信用失墜

ヒトラーはプロパガンダと革命の関係についてこう述べている。「大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば。」


巷では「嘘も方便」とばかりに環境プロパガンダが繰り返されている。温暖化に伴う環境危機が誇張されたり、自然災害をなんでも温暖化に結びつけた報道がNHKを含むあらゆるメディアで蔓延している。そのような嘘や誇張がまかり通れば、いつか誇張がばれたときに妥当な科学までが信用を失うことにもなりかねない。


それはまさに戦後の進歩的文化人や残留左翼の嘘がばれた昨今の風潮と類似したものになるであろう。朝日新聞を初め嘘をついた左翼の信頼は地に落ちた。そうならないように、マスコミや政治家の暴走を止めるのが本来あるべき良心的な科学者の態度だ。


Science誌に掲載された捏造記事
しかし、科学も嘘や捏造、でっちあげといったものから決して無縁ではないのだ。例えば、権威ある科学雑誌の一つであるScience誌はソウル大の黄禹錫元教授によるES細胞の論文捏造問題を受けて、注目を浴びる分野の研究など捏造が入り込みやすいハイリスク論文の審査を厳しくするようにとの勧告を受けている。インパクトの高い論文を扱う雑誌だから、その分のリスクも他と比べて高いのは間違いない。
注目分野の論文審査厳しく 捏造問題教訓に米科学誌


コンセンサスの既成事実化 (Oreskesの印象操作記事)
そんな中でまさに、そのScience誌による世論誘導を行う出来事があった。2004年にNaomi Oreskesという人物によるエッセイがScience誌に掲載された。Oreskesのエッセイは温暖化論に対する科学者のコンセンサスが形成されていることを主張する内容であった。それによれば、温暖化論に異論を唱える研究は一遍も存在しないというものだった。


このOreskesのエッセイは丁度「第10回気候変動枠組条約(COP10) (2004年)」と同期して発表され、その後メディアによって大きく取り上げられることになった。この報道によって、人々の意識から二酸化炭素説に懐疑的な論文があたかも存在しないかのように印象付けることに成功した。しかし、Oreskesの研究手法には嘘や誇張が含まれていた。


Oreskesの研究手法は、“Climate Change”というキーワードで、1993年から2003年までに発表され、ISIデータベースに登録されている査読付きのペーパーを分析したところ、928ペーパーが該当し、その中で温暖化に対する人為的な貢献の存在を否定しているものは一つもなかった、というものだった。しかし、実際は、“Global Climate Change”というキーワードで検索した結果であった。しかも、少なくとも34の論文が二酸化炭素説に懐疑的な論文があったことも分かっている。
Naomi Oreskes & her study: errata


本来、科学は多数決ではないから、コンセンサスの有無は余り意味をなさないはずである。量子力学が登場した黎明期にコンセンサスをとっていたら、その後の量子力学の発展は無かっただろう。ガリレオの例にあるように、コンセンサスの有無によってお蔵入りするような研究があってはならないことだ。それは科学にとって大幅な後退をもたらすものだ。

印象操作に加担するものたち
しかし、異端に対する排撃運動は科学の世界にも蔓延してしまっているようだ。例えば、Science誌の編集長であるドナルド・ケネディは温暖化問題に関して「科学において、この件に関する意見ほど皆の見解が一致することは、まれである」と主張している。米国立海洋大気庁長官であるジム・べーカーも温暖化問題に対して「この問題以上に科学的な意見が一致していいる問題はほかにはない。あるとしたら、ニュートンの力学法則ぐらいだろう」と述べている。
アル・ゴア著『不都合な真実』に関する記述


これらの発言はアル・ゴアの「不都合な真実」という著書にも引用され、ゴアも『温暖化をめっぐって科学者の意見が真っ二つに分かれているという誤解は、実は意図的に作り出されたものである』と主張している。


しかし、温暖化二酸化炭素原因説に対して異論はないという主張はまったくの間違いである。ホッケースティック論争を初め、温暖化論にはスベンスマーク効果など太陽活動による影響ではないかという声が根強く残っている。そんな中で、最近、IPCCは第四次報告書の「政策決定者向け要約」というものを発表した。
IPCC 第4次評価報告書(気象庁)


そこでは「90%を超える確率で」人間活動による温室効果ガス排出が地球温暖化の要因と結論付けたようだ。しかし、この90%という数字に何の意味があるだろうか。この数字も悪しきコンセンサス主義をあらわす科学史上の大失敗と見なされる日がいつか訪れるものと私は確信している。
影響の確実性 "very high confidence"(安井至)


100%正しい説があるとしたらそれはもはや宗教である。科学はどんな理論だろうが反証可能性が残されている。カール・ポパーによれば反証可能性のない説は疑似科学でしかないのだ。あの相対性理論だって、さらにそれをも包括した統一理論の完成を夢見てアインシュタインは邁進したのだ。

comment

Secret

まさに異端排斥運動ですね。

 『コンセンサス主義に潜む異端排斥運動』
とは、まさに言い得て絶妙なるタイトルです。
 各段落毎に、コメントしたい内容ですが、幾つか選りすぐってコメントさせて戴きます。


>自然災害をなんでも温暖化に結びつけた報道がNHKを含むあらゆるメディアで蔓延している

まさにその通りですね。今年の暖冬も、「揺らぎ」の範囲ですのに、温暖化と結びつけようと言う輩は数多く存在するでしょうし、最近の夏の都市部の暑さも温暖化ではなく、ヒートアイランド現象の影響もかなりあるのではないでしょうか?


Naomi Oreskesという人物によるエッセイは、温暖化説者がよく取り上げ、「気候変動の研究者は、みんな温暖化説者で、研究者に懐疑説者はいない。懐疑論者は素人ばかり」と言う主張でよく取り上げられていますね。彼女の論文のサンプリングが眉唾っぽいと思っていましたが、案の定いい加減なものだったのですね。


>科学的な意見が一致している問題はほかにはない。あるとしたら、ニュートンの力学法則ぐらい

 凄い表現ですね。まさに無理やりにコンセンサスを既成事実化しようとしています。
現代において古典力学の「ニュートンの力学法則」
を出すところが、おかしいですね。


 最もふざけているのは、
>「90%を超える確率で」人間活動による温室効果ガス排出が地球温暖化の要因

 ですね。
「90%を超える人間がCO2が温暖化の原因と思っている」ならまだしも、
「90%を超える確率で正しい」などと、いい加減な事を公式見解で出すのは、これだけでもう科学ではありませんね。統計手法ではありませんね。もう末期段階でしょうか。


>悪しきコンセンサス主義をあらわす科学史上の大失敗と見なされる日

 が来るまでに、原発推進とかCO2地下貯留とかとんでも政策で、放射能汚染で多くの犠牲者が出たり、累積債務で国家破綻なんて事になったら誰が責任取るのでしょうか?

異端者であることを恐れない覚悟

科学の最先端では誰もが異端児だと思います。コンセンサスなんか気にしたり、銅銀実験で人のものまねや追随実験などにまい進しても、科学の進歩はありえないと思います。科学的な検証はコンセンサスではなく、再現性による厳しい検証過程を経てもたらされると思います。その検証過程で、これまでの定説が覆ることなんていくらでもある。相対性理論だって、量子力学だって、当時の大天才たちですら理解に苦しんだといいいます。


コンセンサス、コンセンサスと騒ぐ科学者は、単なる政治活動家に過ぎないと思います。しかし、予想通りというか、OreskesのエッセイとIPCCの90%宣言によって、まさに、コンセンサスによる「空気」というかムードが醸成されてしまいました。


しかし、これがバカ騒ぎだったことに気づくときがいつか必ず訪れると思います。政治家にとっては、二酸化炭素説が事実かどうかなどはどうでもよく、内政干渉の口実に使えるわけだから、こんな便利なものはないのかもしれない。嘘吐きは泥棒の始まり。世の中の本音と建前の間には、たくさんの泥棒が潜んでいるのかもしれない。
プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。