スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚構の思想の知識人・中沢新一

相対主義によりフィクション化した思想

テレビ・ドラマの最後には、次のようなお馴染みのテロップが表示される。
「この番組はフィクションです。登場する団体、人物等は架空のものであり、実在のものとは関係ありません。 」


作家のジャンルには、ノンフィクション作家というものがある。一方、哲学や思想の世界では、だいぶフィクション化(小説化)が進んでいたようだ。例えば、浅田彰は、オウム事件に関連して、中沢新一を擁護するために、次のように発言している。

『蓮實重彦が、『チベットのモーツァルト』は小説なんだから実証性や論理的一貫性を求めるのは間違っている、と言ったことがあるけれど、僕もそう思います』




そんなポストモダンな思想家の中沢新一に対して、宮崎哲弥はこう評している。

『中沢はポストモダニズムの人らしく、全ての言説は表層の戯れに過ぎないと捉える。この世には、善と悪の、真と偽の本質的区別はない。あるいは仮にそうした分別があっても、二者の「中間」の領野にあって、ユーモアを湛え、遊び笑うことこそが知の「倫理的な」あり様であると、そう考えている。


だから、中沢の書く学問的厳密さや堅苦しい道徳性など薬にしたくともなく、実証性も倫理一貫性もいらないわけである。こんなものは、際限なきエゴイズムの発言を許すだけの倫理である。』『事実関係の真偽や道徳的善悪や倫理整合性の有無は眼中に入れない』宮崎哲弥(『宝島30』 その後のオウム真理教)




次の『諸君!』紙上での浅田と中沢のやり取りは、彼らの言論の軽さや無責任体質といったものよく表している。

『浅田 中沢さんでさえ、この現実と違う世界をエキゾチックに描き出して若者たちを誘惑したとは思わない。一見そのように読める部分でも、それは本当はユーモアをもって書かれていて、『よくこんなこと言うぜ』と言って笑いながら読めるようになっている(笑)。そんなこともわからないやつは、単なる馬鹿でしょう。(中略)

中沢 笑いのために書かれた本が生真面目によって誤読されてしまう不幸はドンキホーテの昔から、防ぎようのないことです』
(『諸君!』八月号対談「オウムとは何だったのか」)




小浜逸郎は、中沢新一に対して、次のような意味のことを述べている。
『中沢新一の思想は、「身体の変容によって、もう先の見えたこの近代的な現実システムを超越して、もうひとつの現実に飛翔しなさい。」というものだ。
「主体と対象の超えがたい距離によって区画づけられ、言語によってくまなく支配されたこのソリッドな世界だけが世界なのではない。そのような区別や意味が生起しはじめる起源の不定形な世界に人はたちもどり感応することができるのだ」と。


「言語」を超え、「身体」を媒介として「身体」を「浄土」の肉体と合一させることを目指す思想が単なるレトリックではなく、「身体的」たろうとするならば?ヨガ、修行、薬物、(科学技術の名を借りた)マジック…。ほんとうにオウムの世界まであと一歩だ。それらは日常性を回避するロマンシズムであり、生活や日常倫理と地続きの問題への配慮をそっくり欠落させてしまう。』(『宝島30』 その後のオウム真理教)



中沢・島田批判 オウムに関する発言をめぐって

中沢新一「レーニン礼賛」の驚くべき虚構
 
東浩紀
大月隆寛は、「浅田彰の再来」とも言われた東浩紀に対してこう述べている。

『おたく的なデタッチメント、価値相対主義的な距離感で全てを「ネタ」として見てゆくような態度や視線は、感情を平然とむき出しにしているようなナマモノの相手に対しては有効でない、というこの認識は、「冷静」で「論理的」であることを一義的に価値とするような偏差値優等生が抱え込んでいるある種のおびえ、強迫観念といったものに通じるように感じます。


「冷静」で「論理的」であることをモビルスーツにして全てを超越的に把握してゆける、と思い込んだのが、宮台真司などに典型的な、しかし旧来の知識人の自意識(突出した「個」、世俗を超越した「知性」)と見事なまでに連なる昨今のインテリワナビーのストレートな精神構造だとしたら、これはその裏返しに、「怒る」「感情的である」ことに敢えて価値を見出してみせる(ふりをする)ことで、そのようなインテリワナビーな自分を「そんなことはわかているよ」(by 大塚英志)とばかりに相対化して正当化してみせる、ちと手の込んだ、ひねくれた手口です。』

theme : 擬似科学
genre : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説が気になったぞ

あ家田荘子石川好井田真木子一橋文哉猪瀬直樹上松淳一郎魚住昭江川紹子大崎善生落合信彦か開高健加藤昭鎌田慧上坂冬子鴨志田穣桐山秀樹近藤鉱一さ最相葉月佐木隆三佐藤正明佐野真一沢木耕太郎沢地久枝渋井哲也関川夏央千田夏光た高山文彦 (作家)|高山文彦立石泰則立花隆は日

comment

Secret

プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。