スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学における科学の誤用

『ギリシャの哲学者は難解な言語を忌避し、日常誰でも使っている平易な言葉を使った』

(田中美知太郎)


人文・社会科学の分野では、数学や物理学の概念や用語の誤用・濫用は決して珍しいことではない。物理学者のアラン・ソーカルは、そのような現状を揶揄するために、ポストモダンの哲学者や社会学者達の言葉をそのまま引用し、さらにそこへ数式や科学用語をちりばめた出鱈目の哲学論文を執筆した。


そして、当時最も権威があると目された雑誌の一つ「ソーシャル・テキスト」誌に投稿し、見事掲載された。雑誌の審査員はソーカルの出鱈目をまったく見抜くことが出来なかったようだ。これは後に「ソーカル事件」と呼ばれるようになった。ソーカルは読者を煙に巻くために安易に数式や科学用語を用いている哲学者の欺瞞を見事暴いて見せた。


パリ症候群」という言葉がある。日本人、特に若い女性にとってフランスは憧れにも近いイメージを持つ人も多いのだろう。しかし、いざ住むとなると、その余りにも日本の文化との違いに鬱になる人も少なくないようだ。ポストモダン思想も、そんなイメージを売りにしたフランスの伝統的な商法に基づいているのかもしれない。


思想の世界は「イメージ」に基づく権威主義が蔓延っている。我々は衒学趣味に嵌っていると見られるスノッブな学者には特に注意しなければならない。彼らは饒舌な言葉遊びで人々を幻惑させるのに長けている。


水木しげる用語によると、大して世の益にならないようなことをしていながら莫大な収入を得る人を「スター」と呼ぶ。私はそれらの産業を総称してイメージ産業と呼ぶことにしている。イメージとはったりで世渡りをする人はヤクザだけではないのだ。インテリヤクザは聞いたことあるが、ヤクザインテリとでも呼ぶべき人種(アイドル学者・御用学者)がいるのは確かだろう。レトリックや雄弁術は政治の世界だけで結構。


きみはソーカル事件を知っているか?

教養主義の没落
文系の世界では、根拠や証拠が不十分でありながらも断定的な口調が好んで用いられ、余りにも不用心な言説がまかり通っていることが多々ある。きわめて根拠薄弱な言説を土台にしている学問の将来に対して、耐震偽造で問題になった姉歯物件なみの不安を感じるのは私だけではないだろう。


日本でも、ポストモダンの申し子とも言われる中沢新一などは、ラカンのように数学を誤用するタイプの学者に近いのだろう。永井俊哉は、自然科学の手法を追随しようとする社会科学者についてこう述べている。


『一般的に言って、社会科学は自然科学より厳密性を欠くので、社会科学者は自然科学にコンプレックスを感じている。その結果、自然科学の新しいパラダイムが現れると、それに追従しようとする社会科学者が必ず現れる。』

複雑系としての社会システム


社会学者の宮台真司も、自分の学問は「数理科学」に基づいているのだという。

『私(宮台氏)の学問的な出発点は、チョムスキーの言語学と、フォン・ノイマンのゲーム理論がある。 つまり「数理科学」であって、数学的な手続きを理解できる人全員に開かれている。 そういう学問の重要性はよく分かっている。』

Freezing Pointより


ポストモダン思想は終わったのか?より引用

『思想が、社会や人間存在について本質的な理論の構築を行なうこと自体を、真理主義や普遍主義であるとして放棄してしまった。それはちょうど、「内的な自由」の精神をはじめて自覚した青年が、しばしば、現実社会それ自体を“汚れた”ものとみなして否定し、自らが出発すべき前提条件として受け容れることができない場合とよく似ている。まさしくこの理由で、東西対立が終焉し、世界が、現実の矛盾を克服するための新しい社会構想を強く必要としはじめたとき、ポストモダン思想はその創造力を決定的に喪失したのである。


 ポストモダン思想は、古典的な絶対的「正しさ」の観念を相対化し、現代社会の「内的な自由」の精神の核心をよく表現したという点で、きわめて大きな存在意義をもっていた。しかし、われわれはいま、それが現代の批判思想として挫折している本質的な理由をよく理解する必要がある。その多様な側面をさまざまにつなぎ合わせて何か新しい思想を生み出せるかも知れないと考える人も多いが、それは空しい錬金術にすぎない。』





『嘘を嘘と見抜けないと(掲示板を使うのは)難しい』
西村博之(ひろゆき)[2ちゃんねるの管理人]

theme : 擬似科学
genre : 学問・文化・芸術

tag : 社会科学 パリ症候群 数学 ヤクザ 水木しげる インテリ 御用学者 宮台真司

comment

Secret

プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。