スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽活動の変動周期メカニズムの謎

数十年から数百年規模で起こる太陽黒点の長期周期のように、太陽活動の変動に対するメカニズムはいまだ謎が多く、未解明なまま残されている。しかし、太陽活動と気候の関係や、果ては経済の浮き沈みとの関係まで指摘する声も少なくない。


イースターブルックの予測
氷河などの地質学の専門家であるDon J. Easterbrookは、気候と太陽活動の関係にも注目しており、ベーカー山の氷河の後退と進展の周期が太陽活動の変動やPDO(太平洋十年規模振動)と相関関係を示すことを明らかにした。


 solar-induced-PDO

PDF file of Powerpoint presentation


さらに、Easterbrookは、CO2などの温室効果ガスよりも太陽活動を重視としたときの今世紀の気温変化を次のグラフのように予測している。


Easterbrook

Global warming: Are we heading for global catastrophy in the coming century? (Global climate changes, global warming)


このグラフによると今後2040年ごろまでは若干の寒冷期に入ると予測されている。この予測は、これまでの寒冷期と温暖期の周期がそのまま繰り返されるとしたときのものであり、観測された太陽活動の周期的な変動による経験則から導き出されたものだ。実際にこの予測の通りに行くかは誰にも分からないと思うが、ロシアの科学者でも今後寒冷化すると予測しているものもいるようだ。


太陽の熱放射の活発化を研究している天文物理学者は、活発化が2つのサイクルで起こることを発見した。11年縁サイクルと2世紀のサイクルで起こるのだ。どちらのサイクルになるかは太陽の発行表面の半径と面積の変化によって違ってくる。最近のデータによれば、(私は、プルコフ天文気象所宇宙研究所のハビブルルイ・アブサマトフ所長のデータを尊重しているが)、すでに2012年までには、肌で感じるほどの寒冷がやって来ると信じている。寒冷気候は、少なくとも、50-60年は続くだろう。

温暖化議論は早晩、寒冷化論議に取って代わられる, オレグ・ソロフチン, ロシア・ノーヴォスチ通信


無黒点
現在、太陽黒点がまったくない状態が観測されており(低温注意報)、2004年にも無黒点の日が何日か観測されている(太陽活動サイクルにばらつき)。もっとも今は太陽黒点の11年周期の極小期に該当するので、しばらくすれば、また黒点が復活するものと予測されている(Sunspot index graphics)。


ちなみに、2006年当時の国立大気研究センター(NCAR)の研究者らの見解によると、「活発化へ転じる時期は、従来の予測より1年ほど遅く、2007年後半から08年初めになる」とされていた(参考:太陽活動再び活発化へ)。


次のサイクルの極大については、「2011年ごろで極大のときの黒点数は140前後でけっこう活発になるというもの、もうひとつは次の極大は2012年ごろで極大のときの黒点数は90前後とそれほど活発にはならない」という二つの論に分かれているようだ(NICT トピックス)。


いずれにせよ、今後の太陽活動の動向には、もっと注目が向けられてもいいように思う。太陽活動の指標は太陽黒点のみで判断することはできないが、かといって完全に無視できるものでもない。これからの太陽活動と気候の関係の研究の発展にも期待したい。


太陽黒点のメカニズムについて b.太陽の活動
黒点情報 宇宙天気情報センター(NICT)
太陽の動向について 宇宙天気ニュース
最新の太陽画像 The latest MDI Continuum images

 

more...

スポンサーサイト

theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。