スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が懐疑論者である理由 (地球温暖化論)

こちらの掲示板で私見を述べたのを転載します。私が地球温暖化二酸化炭素主因説に対して懐疑論者となった理由でもあります。


赤外吸収に対する飽和の問題

私が温暖化論に対して一番初めに思った疑問が、地球放射に対するCO2による赤外吸収はすでに飽和に近づいているのではないかということでした。それで、資料を探してみたところ、あらためて「大気の窓」と呼ばれる領域以外は、吸収の余地がほとんど残されていないように思えたわけです。


例えば、こちらに大気による地球放射の吸収率を示した資料があります。( http://www.sundogpublishing.com/fig3-3.pdf )
各温室効果ガスによる赤外スペクトルを透過率で示した資料もあります。( http://www.sundogpublishing.com/fig7-6.pdf )
CO2による吸収を透過率で表したのもありました。 ( http://www.sundogpublishing.com/fig9-12.pdf
( http://www.sundogpublishing.com/AtmosRadFigs.html 経由)


これらの図を見るにつけ、シミュレーションが示すような急激な温暖化が起こる理屈に疑問がわいてきたわけです。そこで、実際に、二酸化炭素が増加したときの吸収率の変化を見積もっている資料がありました。
http://www.warwickhughes.com/papers/barrett_ee05.pdf


上記資料のTable 1に各温室効果ガスの吸収率が掲載されています。この資料によりますと、産業革命前のCO2(285 ppmv) を二倍の濃度(570ppmv)にすると、1.5%ほどの吸収率の増加となります。しかし、実際の合計吸収率は、水蒸気との吸収スペクトルの重なりがあるために73.4%となり、合計吸収率の増加はわずか0.5%ほどにとどまります(72.9%(CO2=285ppm) → 73.4%(CO2=570ppm) )。


このようなわずかな吸収率の増加では、シミュレーションが示すような大幅な気温上昇はとても見込めません。それでも、主流派は水蒸気フィードバックを持ち出して、昇温に伴い水蒸気が増加し温室効果が著しく増幅されるようなポジティブ・フィードバックを考慮に入れてしまいます。このフィードバックはいわゆる暴走温室効果のイメージと結びついたりして、地球が金星のような灼熱の惑星になってしまうだとか、地球のバランスが崩れてしまうなどの危機感や不安意識を煽る要因にもなっている気がします。


確かに、金星のように大気圧が変化するような温室効果ガスの増加が起これば、圧力効果により吸収スペクトルはブロードになり、それだけ吸収率もあがります。また、大気も濃くなれば、多層大気の放射平衡モデルであらわされるような強い温室効果が働くこともあるでしょう。しかし、大気圧が変化するような温室効果ガスの増大は見込んでいないはずですから、それらの圧力効果は本来あまり考慮する必要のない事のように思われます。


二酸化炭素による温室効果の寄与は、上層大気や水蒸気でマスクされない地域などにおいて重要になってくるとの意見もあります。そこで、持ち出されるのが、人工衛星ニンバスから観測した大気の放射スペクトルです。それでは実際にニンバスで測定された放射スペクトルを見てみます。
(参考: http://www.warwickhughes.com/papers/barrett_ee05.pdf


この参考資料のFig.9には、それぞれ、サハラ砂漠(a)、地中海(b)、南極(c)の大気の放射スペクトルを測定したものが載せてあります。黒体放射の基づく曲線との相関を見ますと、サハラは47℃(320K)、地中海は12℃(285K)、南極は-63℃(210K)と、それぞれ異なる温度で放射を行っていることがわかります。


ここで、サハラと地中海の放射スペクトルに注目してみます。15μm付近の放射は確かに二酸化炭素の吸収により減少しており、まだ吸収に余裕があるようにも見えます。

しかし、最上層の大気もその温度に従って宇宙へ放射を行っています。つまり、最上層の大気が絶対零度にでもないかぎり、ある温度で放射を行っていることになりますから、その分の放射がバック・グラウンドとして上乗せされていることを考慮しなければなりません。


確かに、サハラと地中海の放射スペクトルで、15μm付近の放射に対してまだ二酸化炭素による吸収の余地がまだあるかのように見えます。しかし、実際は見かけ以上に吸収の余地はないのかもしれません。Fig.9をもう一度見ますと、もし、宇宙へ放射を行っている上層の大気が220Kぐらいだとすると、丁度、15μm付近の放射とも重なり、二酸化炭素による吸収はほぼ飽和していることになります。


ところで、NASAでは地球によく似た惑星を探索するため、「Terrestrial Planet Finder:TPF(地球型惑星探索)」というミッションを計画していました。政府の方針により無期限延長されてしまいましたが、そのミッションのための下準備として、いくつかのレポートがまとめられています。その中で、未知の惑星大気を予測するために、いくつかの仮想的大気モデルによる放射スペクトルが見積もられていました。
(参考: http://planetquest.jpl.nasa.gov/TPF/TPF_Biomrkr_REV_3_02.pdf


上記の参考資料によりますと、Table 2.に、成長曲線というもので各分子の存在量と平均深さ(見かけ上の吸収率)が示してあります。ここで、平均深さとは、288Kの黒体放射で規格化した放射強度から見積もった値です。以下に一部抜粋しておきます。


CO2存在量 平均深さ(15μm)
100ppm 0.470
350ppm 0.520
1000ppm 0.548
10000ppm 0.549


この平均深さは、288Kの黒体放射に対する分子による見かけ上の吸収率として捉えれることが出来ると思います。このTable 2の資料を見ますと、15μmのCO2による平均深さはある濃度以上になると飽和していることが分かります。参考資料によれば、成層圏があるために放射に対して不透明な部分が残るとの説明がありました。つまり、たとえCO2が10000ppmになったとしても、ニンバスから観測される放射スペクトルはほとんど変化しないことがモデル計算からも支持されています。
スポンサーサイト

宇宙線と地球大気の関係

宇宙線による雲の形成
雲の形成に遥か宇宙からやってくる宇宙線が関係しているのではないかという説がある。これをスベンスマルク説という。下記のサイトを見ると宇宙線量と雲量には確かに相関が見られる。
太陽活動が地球に与える影響


太陽活動が静かになると雲が多く、太陽活動が活発になると雲が減る傾向にある。これは太陽風が磁場を乱すことで、地球に降り注ぐ宇宙線が減少するのではないかと言われている。雲の形成は地球のアルベド(反射率)に変化をもたらし、地球が受ける正味の太陽放射に大きな影響を及ぼすと考えられる。


スベンスマルク効果の観測
名古屋大の太陽地球環境研究所のSTEL Newsletterによるとスベンスマルク説を調べるには水蒸気の長期モニターをするために少なくとも太陽活動周期の11年できればその2倍の22年は必要だとか、宇宙線や太陽風が侵入しやすい北極圏や南極大陸での観測や宇宙ステーションにラマンライダーを搭載して霧をモニターするといいだとか、ともかく長期間の観測が必要になってくるみたいだ。
STEL Newsletter April 2002 No.28 太陽地球環境研究所


認められずにきたスベンスマルク説
スベンスマルク説は地球温暖化二酸化炭素説に対する対抗馬になりうるとも言われているが、スベンスマルク説が学界から冷遇されているのではないかという記事があったので紹介しておく。ここで、スベンスマルク効果は状況証拠は十分だが、実験的な検証の難しい説であるということも留意しておいた方がいいだろう。


野矢テツヲの提言2001.07.03より引用)

『スベンスマーク効果については、これより前にIPCC(気候変化に関する政府間パネル)のデンマーク正式代表だったフリス-クリステンセンが、研究課題に含めるよう勧告していたにもかかわらず、ハウトンはこの著書の中でこれをまったく無視したばかりでなく、今日までこの奇怪な態度を変えていない。 』




地球温暖化のエセ科学 2007年2月20日 田中 宇より引用


『▼無視されてきた太陽黒点説

実験は成功したものの、おそらく温暖化の二酸化炭素説が政治的な絶対性を持っていたため、地球温暖化の定説をくつがえす内容を持っていたスベンスマルクらの実験結果の論文の掲載は、権威ある科学の専門雑誌からことごとく断られ、ようやく昨年末になって、イギリスの王立研究所の会報に掲載され、遅まきながら権威づけを得ることができた。 』


『この概要版報告書の発表を受け、世界の多くの新聞が「二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を急いで規制しないと大変なことになるということが、これで確定した」「温暖化について議論する時期は終わった。これからは行動する時期だ」「まだ議論に決着がついていないという奴らは、ホロコースト否定論者と同罪だ」といった感じの記事を流した。』




地球温暖化は「エセ科学」か? その1 - 青い地球の事件簿 - 楽天ブログ(Blog)

『田中氏は以下のように書く。


だが、IPCCの報告書は、いまだにこの新説を無視している。


これは事実であろうか?実はIPCCの報告書にはスベンスマルク氏の説はちゃんと取り上げられている。下記は2001年の報告書の該当部分へのリンクである。


http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/246.htm


結論としては、科学的なディスカッションの後、現段階では十分な証拠はないとして、温暖化の主要な原因として退けてはいる。しかしながら、「無視」というのは実態を反映したものではなく、せいぜい「認めていない」と書くべきものであろう。』




スベンスマルク効果についてはIPCCも第三次報告書(2001年)で取り上げられている。しかし、証拠がまだ不十分であると結論付けられている。
6.11.2.2 Cosmic rays and clouds


スベンスマルク効果についてIPCCが無視しているという田中宇の主張は少しばかり正確さに欠けたのも確かだろう。このような重箱の隅をつつくように少しのミスが大きく伝えられ、温暖化二酸化炭素説に疑問を思う懐疑論者に対する全体の信用がたちまち貶められてしまう。


ただでさえ、懐疑論者が冷遇されている時代だから、懐疑論者の足を引っ張らないようにきわめて慎重に記事を書かねば寝首をとられかねない。環境ファシズムの怖さがそこにある。それにしても、田中氏の記事はいろいろな所で評されており(例えば、安井至氏)、それなりに波及効果のある記事であったことも事実だと思う。
(温暖化ニセ科学 市民のための環境学ガイド(安井至)03.04.2007)


また田中宇の記事から引用するが、ロンボルグの言うように、ほとんどの科学者はまともでも、事務局の一部におかしな連中がいるというのが真相なのかもしれない。改めて田中宇の記事を読み返してみると、かなり妥当な線をついているように感じられた。ただ、外部からは真相は藪の中のままだ。
地球温暖化のエセ科学 2007年2月20日 田中 宇より引用)

『 IPCCには130カ国の2500人の科学者が参加している。ほとんどの学者は、政治的に中立な立場で、純粋に科学的な根拠のみで温暖化を論じようとしている。しかし、ロンボルグによると、問題はIPCCの事務局にある。事務局の中に、温暖化をことさら誇張し、二酸化炭素など人類の排出物が温暖化の原因であるという話を反論不能な「真実」にしてしまおうと画策する「政治活動家」がいて、彼らが(イギリスなどの)政治家と一緒に、議論の結果を歪曲して発表している。 』

more...

環境ファシズムによる抑圧体制

政治の道具にされた科学

真実がどこにあろうと議論が抑圧されているのならば、それは真実から遠ざかることになるだろう。そして、地球温暖化論はすでに政治的な思惑により、捻じれに捻じれてしまった。議論が抑圧されているという声はあちらこちらで聞こえるので、それらを集めてみた。まずは、小説だが、マイケル・クライトンの「恐怖の存在」から引用する。
付録Ⅰ 政治の道具にされた科学が危険なのはなぜか

『地球温暖化理論が優生学と同類といっているのではない。だが、それぞれの構図に見られる共通点は、けっして表面的なものにとどまらない。わたしが注意を喚起したいのは、データと問題のオープンで率直な議論が抑圧されていることである。指導的な科学雑誌は、地球温暖化を支持する立場をとってきた。現状では、温暖化に疑念を持つどのような科学者も、ここは口を閉ざしておくことが賢明であると理解している。


 議論が抑圧されている証拠のひとつは、地球温暖化を率直に批判する者の多くが、引退した教授であるという事実だ。彼らはもはや研究補助金の心配をする必要もないし、下手に批判して同僚が補助金をもらえなくなったり出世できなくなったりする心配をする必要もない。』



死への脅迫メール(宗教になった地球温暖化論)
2007年3月11日付の「Sunday Telegraph」に、『人間以外に地球温暖化の原因があるという科学者達に「死への脅迫メール」』が送られているという記事が掲載された。
2007年3月11日付の「Sunday Telegraph」


『人類が地球温暖化の原因であるとする説に反対している科学者達は、「殺してやる」との脅迫メールを受け取ったり、科学者達のコミュニティーから疎遠にされているとの問題が起きている。彼らは、地球温暖化に関する討論は、パワフルな政治家や科学者、及び自然保護派の連中によって完全に乗っ取られてしまっており、二酸化炭素排出が及ぼす地球への真の影響についての質疑などはとてもできる雰囲気ではないといっている。


ティモシー・ボール教授(Timothy Ball、カナダ/ウィニペグ大学元気候学教授)は、人類がどの程度地球温暖化に影響を与えているのかとの疑問を発して以来、すでに5通の「死への脅迫」メールを受け取った。 その中の一通には、「このまま温暖化について発言し続けるなら、将来の地球温暖化の姿を見ることなく命は消されるだろう」と書かれている。


「欧米諸国の政府は、この分野の仕事と研究所の為に何十億ドルもの金をつぎ込んだ。それが脅かされると感じているのかもしれない」と彼は語った。


「すべての科学者は懐疑論者であるべきなので、私は懐疑論者と呼ばれることについては一向に構わないが、彼らは私たちを"否定論者"と呼び始めた。"ホロコースト否定論者”と呼ぶときのあの"否定論者”と同じような呼び方で。全く不愉快な気分にさせられる」と述べた。


先週、ボール教授は、Channel4のドキュメンタリー番組「The Great Global Warming Swindle」に出演。この中で彼のほかにも数人の科学者達が、人間が地球温暖化をつくり出したとする理論が「宗教」になったと主張。他に原因についての解説は無視するように強制されているような雰囲気があると述べていた。 』



これについては次のブログも参考にされたい。
blog.鶯梭庵 地球温暖化の嘘・その5


An experiment that hints we are wrong on climate change-News-UK-TimesOnlineより引用

『Twenty years ago, climate research became politicised in favour of one particular hypothesis, which redefined the subject as the study of the effect of greenhouse gases.
20年前、温室効果ガスの気候に対する影響の見直しを迫る意見が、政治的な意図を持って賛成されました。


As a result, the rebellious spirits essential for innovative and trustworthy science are greeted with impediments to their research careers.
それ以後、信頼できる科学者達の反論は、研究費用の削減や経歴への障害などで封じられました。


And while the media usually find mavericks at least entertaining, in this case they often imagine that anyone who doubts the hypothesis of man-made global warming must be in the pay of the oil companies.
そして、メディアがそのような少数意見に興味を示すまでは、人工地球温暖化の仮説を疑う者は誰でも石油会社に雇われているのだといった、嫌疑をかけられてきました。


As a result, some key discoveries in climate research go almost unreported.
その結果、気候研究のいくらかの鍵となる発見は、ほとんど報告されなくなります。 』



環境問題を考える CO2地球温暖化説は科学ではないより引用)

『このような状況を作り出した背景には、日本における既成の学会組織がCO2地球温暖化仮説を否定するような論文を権威によって握りつぶすという異常事態がその一因となっています。明日香によると『CO2温暖化問題で過去2003年までに928件の論文があり、その中には1件も批判論文はない』ということです。


これは批判が無いという事ではなく、閲読段階で握りつぶされている結果なのです。私が個人的に知る限りでも、槌田によって環境経済・政策学会や物理学会に対して再三論文の提出が行われていますが、まったく自然科学的な理論以外の理由で握りつぶされてきたのです。』




(広瀬隆著「燃料電池が世界を変える」から引用)

『 九二年にブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットにおいて、地球温暖化防止条約が締結されてから、突如として、二酸化炭素悪玉説が固定された経過に疑念がある。同会議の議長をつとめたブラジル環境長官ゴルデンベルグは、同国トップの原子物理学者であり、この会議以後、世界中の原子力産業が「二酸化炭素による地球の温暖化説」 を引き合いに出して原子力推進論を展開するようになった。


もともと二酸化炭素温暖化説は、地球環境を守るという目的で出てきた考えであるから、チェルノブイリ事故などでそれ以上に地球環境を破壊している原子力でエネルギーを代用するという考えは、基本的な出発点を誤っている。 したがって二酸化炭素悪玉説は、人類を危険な道に連れこむ可能性が高い。要注意である。』

more...

コンセンサス主義に潜む異端排斥運動

嘘も方便、やがては信用失墜

ヒトラーはプロパガンダと革命の関係についてこう述べている。「大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば。」


巷では「嘘も方便」とばかりに環境プロパガンダが繰り返されている。温暖化に伴う環境危機が誇張されたり、自然災害をなんでも温暖化に結びつけた報道がNHKを含むあらゆるメディアで蔓延している。そのような嘘や誇張がまかり通れば、いつか誇張がばれたときに妥当な科学までが信用を失うことにもなりかねない。


それはまさに戦後の進歩的文化人や残留左翼の嘘がばれた昨今の風潮と類似したものになるであろう。朝日新聞を初め嘘をついた左翼の信頼は地に落ちた。そうならないように、マスコミや政治家の暴走を止めるのが本来あるべき良心的な科学者の態度だ。


Science誌に掲載された捏造記事
しかし、科学も嘘や捏造、でっちあげといったものから決して無縁ではないのだ。例えば、権威ある科学雑誌の一つであるScience誌はソウル大の黄禹錫元教授によるES細胞の論文捏造問題を受けて、注目を浴びる分野の研究など捏造が入り込みやすいハイリスク論文の審査を厳しくするようにとの勧告を受けている。インパクトの高い論文を扱う雑誌だから、その分のリスクも他と比べて高いのは間違いない。
注目分野の論文審査厳しく 捏造問題教訓に米科学誌


コンセンサスの既成事実化 (Oreskesの印象操作記事)
そんな中でまさに、そのScience誌による世論誘導を行う出来事があった。2004年にNaomi Oreskesという人物によるエッセイがScience誌に掲載された。Oreskesのエッセイは温暖化論に対する科学者のコンセンサスが形成されていることを主張する内容であった。それによれば、温暖化論に異論を唱える研究は一遍も存在しないというものだった。


このOreskesのエッセイは丁度「第10回気候変動枠組条約(COP10) (2004年)」と同期して発表され、その後メディアによって大きく取り上げられることになった。この報道によって、人々の意識から二酸化炭素説に懐疑的な論文があたかも存在しないかのように印象付けることに成功した。しかし、Oreskesの研究手法には嘘や誇張が含まれていた。


Oreskesの研究手法は、“Climate Change”というキーワードで、1993年から2003年までに発表され、ISIデータベースに登録されている査読付きのペーパーを分析したところ、928ペーパーが該当し、その中で温暖化に対する人為的な貢献の存在を否定しているものは一つもなかった、というものだった。しかし、実際は、“Global Climate Change”というキーワードで検索した結果であった。しかも、少なくとも34の論文が二酸化炭素説に懐疑的な論文があったことも分かっている。
Naomi Oreskes & her study: errata


本来、科学は多数決ではないから、コンセンサスの有無は余り意味をなさないはずである。量子力学が登場した黎明期にコンセンサスをとっていたら、その後の量子力学の発展は無かっただろう。ガリレオの例にあるように、コンセンサスの有無によってお蔵入りするような研究があってはならないことだ。それは科学にとって大幅な後退をもたらすものだ。

more...

プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。