スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑似科学化した社会科学の危機感

疑似科学者の傾向

懐疑論者のマーティン・ガードナーは、疑似科学者の傾向として五項目を挙げている。

・自分を天才だと考えている。
・仲間たちを例外なく無知な大馬鹿者と考えている。
・自分は不当にも迫害され差別されていると考えている。
・もっとも偉大な科学者や、もっとも確立されている理論に攻撃の的を絞りたいという強迫観念がある。
・複雑な専門用語を使って書く傾向がよく見られ、多くの場合、自分が勝手に創った用語や表現を駆使している。



(疑似科学-wikipedia)


この擬似科学者の項目を見ていると、ポストモダンの哲学者たちがおかした過ちは、最後の項目にぴたりと当てはまるだろう。難解な用語を好んで用いるポストモダンの哲学者には、「オッカムの剃刀」と言う言葉を教えてあげるといいだろう。


ポストモダンの哲学による科学用語の誤用と濫用は、アラン・ソーカルが指摘し批判している。これは、後にソーカル事件とも呼ばれるようになった。(文系学問における疑似科学批判と言えば、カール・ポパーが有名だが、最近だと、ロジャー・G・ニュートンが、啓蒙主義者とロマン主義者による科学の混乱を指摘している。『科学が正しい理由』


ニセ科学が受け入れられる土壌
「ニセ科学入門」というホームページでは、ニセ科学が受け入れられる理由として「科学らしさ」に加えて、「願望充足」を挙げている。「願望充足」の例としては、子供にゲームのし過ぎを注意したい親御さんが「ゲーム脳」に賛同したり、小学校の道徳教材として「水からの伝言」を用いる例が当てはまるだろう。科学の受けての方にも、疑似科学をのさばらせてしまう土壌があるようだ。


特に、「ダイエット」とか「美容」のことになると、女性は盲目になってしまう傾向が強いのだろう。ただ、難しいのは、科学ではないが、宗教などは、まさに「願望充足」との親和性が極めて強いし、「占い」や「スピリチュアル」などを含めると非常に微妙な問題をはらんでいる。あれは一つの信仰のあり方と言われれば、他の宗教と同じく認めざるをえないだろう。ただ、カルトに対する警戒は疑似科学と同じく怠ってはならないことだ。
(ニセ科学入門)


社会科学における学問としての危機意識

今日では、社会科学は様々な批判を浴びており、その現状に対して危機感を抱く人は少なからずいるようだ。そこで、少しだけネットで見つけた例だが、そこから引用させてもらおう。


『疑似科学は上で挙げたような「怪しい」分野のみならず、大学で研究されている「れっきとした」学問の中にもはびこっている事がたびたび指摘されており、哲学者や文芸評論家、文芸理論家などが自分の説を権威づけるために(専門家から見れば)デタラメな科学的知識を並べたてているのが散見される。』

文科系の学問における疑似科学


『物理学者ソーカルによって、ポストモダンを標榜する者たちが、衒学的であり(読者が解らないことをいいことにデタラメな数式で根拠づけており)、相対主義である、として非難された事件である(ソーカル事件参照)。"ポストモダン"評論家の数式を装ったまやかしの記法を指摘したソーカルの指摘は正しく、ポストモダンの評論家からはソーカルに反論する者すら出てこなかった。結局、"ポストモダン"に関わっている者がしていることは、ある種のまやかしの活動であり、学問に大切な誠実さが根本的に無い、』

ポストモダン - Wikipedia


『ポストモダン思想は、古典的な絶対的「正しさ」の観念を相対化し、現代社会の「内的な自由」の精神の核心をよく表現したという点で、きわめて大きな存在意義をもっていた。しかし、われわれはいま、それが現代の批判思想として挫折している本質的な理由をよく理解する必要がある。その多様な側面をさまざまにつなぎ合わせて何か新しい思想を生み出せるかも知れないと考える人も多いが、それは空しい錬金術にすぎない。』

ポストモダン思想は終わったのか?


『人文系と分類されている学界では、まだ理論と人名の分断がなされておらず、その論文が理論的説得ではなく、権威的説得に頼ろうとしている風潮が高いように感じられます。しかしながら、背後にある伝統的システムを健全なものとみなし、そこから生産された権威の提示を強調することは、理論的貧困性を招来するのではないかと危惧します。』


幽霊の哲学


『(東大を初めとした理論系社会学の)それらの大学では、教員の多くが理論の輸入や解釈を主目的としているため、新しい知見の発見は困難である。そのため国際学会での発表経験が乏しいか、発表能力がほとんどない教員も多い。このような深刻な事態の背景には、かつて日本の大学に予算や調査能力がなかった時代には、理論研究のみしかできなくても、やむをえなかったという事情もある。しかし今日では、現実社会と距離のある抽象的な理論社会学研究に対しては、かなりの社会的批判が存在するのも事実である。』

社会学-wikipedia


『精神分析は存亡の危機に瀕している。神経科学的な修繕を多少施したところで、どうにかなるものではない。仮に修繕するとしても、あまりにも修繕箇所が多すぎるので、多くの神経科学者は、それよりもむしろ、神経認知的なモデルをゼロから作り上げる方を好むだろう』


アラン・ホブソン著「夢の科学」 (新書)


『日本では、心理学が医学・生理学を含む他の理系分野と方法論的に協力・融合可能な学問であるという認識が、双方の研究者で低く、交流を妨げている。先ずは日本の実証的な心理学の位置づけを再検討し、他分野と協同し易い体制を整える事が必要である。』

3‐2.心理学は文学か?


社会科学の今後の展望
社会科学は、心理学や言語学などの分野では、脳科学などの協力により急速に科学らしさを取り戻している。では、他の分野の社会科学は余り科学的に厳密でないから重要でないかと言うと、事態はまったくの正反対だ。地球温暖化や資源配分の問題や貧困の問題など、グローバル化した現代社会においては、社会的・文化的な要請は非常に強いものがあり、社会科学の存在意義は将来ますます重要になると思われる。OECD(経済協力開発機構)のホームページにはこうある。


「暴力の増大,高齢化,民族間闘争,地球温暖化,これらの問題はしばしば誤解されている社会科学にその真価を実証する機会を提供している。しかし社会科学自身先ず変われるであろうか。」

社会科学を伴った将来へ

comment

Secret

科学の限界射程を踏まえる必要

疑似科学もニセ科学も同類にするのはちょっと違うと思うでつよ・・
確かに両者とも科学的な擬態を演じているにしても、ニセ科学は「科学」とは言い切れないものを認めることがあるでつから・・疑似科学の恐ろしいのは、科学だと言い切る姿勢だと思うでつよ。
科学的証明は、結局は、統計学的な実験DATAが立証するものだと思うのですが、その統計学的な手法での詐欺がニセ科学なのだと思うでつよ。
例えば、比較する対象を提示しないで効果の実験を行う、とか、実験状況の整備などで外的な要因をなるべく除去する実験努力もしない実験なんか実験でもなんでもないでつからねぇ・・・理論学で踏み込みきれない科学の領域は正直、科学とは言い切れないと思っているのですが、いわゆるガリレオが行った科学的思考法でのアプローチは概ね科学的なものだと思うでつよ。
まぁ、正直、科学はカバーしきれない領域まで想定した考え方は当然必要だと思うでつけどね。
そういえば、温暖化問題でも人間観測の限界点(考古学的スパンでの気候変動のDATAの問題)を含めて議論されるべきなのに、一方的にCOx、NOx、メタン化合物などが悪玉にされているのは、少し拙速だったりするでつが・・・まぁ、永遠と科学的思考を貫けないのも科学の限界射程なので仕方ないでつよね・・

反証可能性による科学の線引き

商売のために、確信犯的にインチキと分かっててやる詐欺的疑似科学(ニセ科学)と、疑似科学化している学問は分けて考えるべきでしょうね。私はどちらをどう命名していいか分かりませんが、科学の名をかたるインチキ商売(ニセ科学)も、疑似科学と気づいていない学問も、それぞれ根深い問題を抱えているように思います。


科学を偽って商売を行っても、それを取り締まる法律がなければ、インチキ科学商売は蔓延する一方ですね。科学の名を語った誇大広告はお咎めなしなのかな。疑似科学化した学問の場合は、カール・ポパーの提案した反証可能性によって、科学と疑似科学の線引きをすることができます。しかし、それが余り徹底されていないところに、今日の社会科学の学問的な知的退廃があるのかもしれません。

温暖化と経済の問題

温暖化の問題は、すでに、経済の問題と密接に絡んでおり、純粋に自然科学的な問題として扱えない代物とかしています。シミュレーションには、経済モデル(排出シナリオ)が組み込まれており、そのモデルをいじれば、いくらでも、恣意的に、任意な値を出すことができます。だから、計算機がはじき出した「理想の経済モデル」に向かって、世界経済を導こうとする新しいイデオロギーに利用される運命からは逃れられない。


その理想の経済モデルは、誰が決め、誰が考えたものなのか。そこには、経済学者の思惑が必ず入り込むだろうし、政治的な思惑からも自由ではありえないと思います。私はそこにイデオロギーが入り込む余地があるように思います。だから、モデル・シミュレーションに対しては、絶えず、検証にさらされる必要があると思います。そこに十分なチェック機構が働かなければ、重大な過ちをおかす可能性は高いように感じています。


温暖化モデルは、まだまだ、不十分なところも多いと思います。エルニーニョ現象なども、その一つでしょう。エルニーニョは、大気の変動だけでなく、海洋内部の変化がより重要な影響を及ぼしている可能性が強いように感じています。

地球物理学がどこまで発展しているのか分かりませんが、地球内部の動向がそんなに明らかにされているとはとても思えない。太陽活動に対する研究もまだまだこれからでしょう。IPCCの新しい報告書がそのうち出るでしょうから吟味してみたいですね。

景表法4条2項

>科学を偽って商売を行っても、それを取り締まる法律がなければ、インチキ科学商売は蔓延する一方ですね。科学の名を語った誇大広告はお咎めなしなのかな。

 たとえば、景品表示法4条2項があります。
公取が運用指針を出しているので、引用して少し解説をしました。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7363
誇大広告、というか不実証広告は取り締まり可能です。根拠が無いのに、さも合理的な根拠があるかのように宣伝すると、優良誤認と判定されて排除命令の対象になります。

偽の年

apjさん、コメントありがとうございます。そういえば、2007年をあらわす「今年の漢字」は「偽」でした。これから頻発するであろう偽装としては、再生紙はがきの偽装に見られるように「エコ偽装」が蔓延するのかもしれません。実際は再生紙自体が余りエコではないけど、イメージが大事だ見たいな感じで、どんどんエコ偽装が蔓延する気がします。


生分解性ポリマーなども含有しているというだけで、実際は配合率が低いために、生分解するかどうかも分からない製品もあるようです。ただどんなに微量でも含有しているのは確かだから、なんとなく環境にやさしそうだとうイメージを持たせることはできます。企業はエコに気を使っているという「姿勢」をとにかく打ち出さないといけないみたいな雰囲気があると思います。だから、エコっぽい「姿勢」さえ見せればOKなのでしょう。


ところで、疑似科学ではありませんが、最近だと、細木教の教祖様がしばらくテレビの出演を控えるとのことです。もしかしたら、高額の墓石商法(一種の霊感商法)などに対して、司法からの何らかの動きがこれからあるのでは、と深読みをしている人もいるみたいです。

神世界事件があったばかりですし

TheorySurgeryさん、
 年末に神世界の被害対策弁護団が立ち上がりました。現職警官が霊感商法に荷担していたことが話題になっていました。
 紀藤正樹弁護士らは、スピリチュアル番組が増えてから、霊感商法の被害者も増加していると指摘しています。スピリチュアル番組のあり方を見直して欲しいという要望も出しているようです。
 また、ソフトバンク新書から「テレビ霊能者を斬る」という本も出ました。
 霊感商法被害が増えた原因を本格的に追求される前に(もう十分稼いだし)控えようか、とでも思っているのかもしれませんね。


 ところで、TheorySurgeryさんのところへは、
TheorySurgeryさんがこのエントリーを書く→論宅mercaさんという方が反論を社会学幻論というご自分のblogに書く→論宅mercaさんの反論がメタ議論化して、科学を絶対視する擬似科学批判者云々という内容に至る→昨年秋頃だったか、私や阪大きくちさんなどが「それ一体だれのこと?」と論宅さんのblogにコメント→議論かみ合わず→しばらく放置→最近になって論宅さんがまた科学を絶対視云々と言い始めたのを見つけた人がblogで話題にし、私もblogにエントリーを書く→実は論宅さんが論敵にしたかったのはいわゆるニセ科学批判している人ではなくて実はTheorySurgeryさんでは?というKumicitさんの指摘が出てくる、という、何だかもう、アドベンチャーゲームのような感じでたどり着きました。
 つまり、半年進歩が無いので
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7398
を書いて議論していたら、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7467
ということらしいというオチが……。
プロフィール

TheorySurgery

Author:TheorySurgery
社会科学と疑似科学の際どい境界線を探りながら、文系と理系の学問の乖離やらを考えています。分光学を視点として温暖化懐疑論も展開してます。

温暖化論を学ぶための入門用ホームページつくりました。↓ ご意見承ります。
| HP | BBS | MAIL|
コメントの返事は遅めかもしれませんが、コメント、トラバ、リンク、議論など、できるだけ対応します。

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Favorite song

・Jeff Beck & Jennifer Batten
What Mama Said
・The Black Crowes
Remedy
・Jimi Hendrix
All Along the Watchtower
・Jeff Buckley
Grace
Mojo Pin
・Yardbirds
幻の十年
・Arctic Monkeys
A view from the afternoon
・Jefferson Airplane
White Rabbit
・Beatles
Helter Skelter
・Bad Company
Wishing Well
Joe Fabulous
・Cream
I Feel Free
Crossroads
・Montrose
I Got the Fire
・Eric Clapton
Forever Man
・AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
・Johnny, Louis & Char
Finger
・Rock'n Roll Standard Club Band

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
管理人ホームページ

マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門
温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス
水蒸気フィードバックと気候感度の妥当性
コンセンサスとは
お勧め図書

管理人掲示板

Eco-logical is non-logical:BBS

World Climate Widget
温暖化懐疑論サイト

『環境問題』を考える
思えばバカな企画だった
ひと味ちがうリンク集
温暖化は進んでいるか
いわゆる「温暖化防止」の罵倒論
地球温暖化は人類の責任ではありません

太陽活動と気候の関係
太陽関連

ひので(SOLAR-B)
ようこう(SOLAR-A)
SOHO (探査機)
宇宙天気ニュース
太陽地球環境研究所
「太陽」に関連したホームページ
J-STORE(明細:黒点数の予測方法)
宇宙の科学 第3章 太陽
The Sun in Motion

温暖化関連
環境団体とか

反捕鯨団体あれこれ
動物保護運動の虚像
クジラ戦争30年
World Hunger: Twelve Myths
ゴールド・トーマス『地底深層ガス』

リンク
フリーエリア

環境問題が解決しないのは、何で?
オーロラの旅
日本の古本屋
オンライン書店比較サイト
The Internet Journal of Vibrational Spectroscopy
Science和文要約
Nature Asia-Pacific
サイエンスポータル
日英・英日機械翻訳(科学技術分野)
エキサイト翻訳
Yahoo!翻訳

疑似科学など

「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)
疑似科学批評(マイナスイオンその他)
ブレジンスキー 『大いなる失敗』
Skeptic's Wiki
OPEN UNIVERSE of the Japan Popper Society
懐疑論者の祈り

最近のトラックバック
MUSIC LINK

脳みそサラダ外科

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。